人気ブログランキング |

Gallery Archangels annex



<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


作品について。

今、「作品について」を改めて書き直しています。
アップする前に、先にこちらで一部をご紹介します。

--
■波動 - Wave Motion -

量子力学によると、全ての物質は波動で構成されており、
固有の波(振動)を持っています。

目に見えない最小単位まで分解していくと、粒であり、
波でもあるという曖昧な存在(二面性)になります。
そして、全ての物質は、固有の波動を出しています。
波動は、情報やエネルギー、想念にも置き換えることができます。

病気やストレスにも波動があります。
これらは、生命活動とは異質(マイナス)の、
「反生命活動的」エネルギー波動を持っていると言われています。

「同じ波動は引き合う」という法則があります。

水たまりに投げかけた一つの波紋が次の波紋を呼んで、
次第に大きくなっていくように、同じレベル(性質)の波紋は、
同類の波紋と呼応して、広がっていくのです。

不幸が不幸を呼んだり、幸運が幸運を呼ぶという連鎖反応は、
すべて、自分自身の心が引き寄せている事象です。
どの周波数帯に自分の周波数を合わせていくか、ということが、
とても大切になるのです。

波動のレベル(周波数)によって、まわりの世界が違ってきます。
あなたの波動周波数が高くなるにつれて、
引きつける物事や事象も変わってくるのです。
地球の波動上昇も合わさって、より一層変化が大きくなり、
そのスピードも速くなるでしょう。


■クリスタル・ヒーリング - Healing Stones -

クリスタルの波動はとても高い周波数を維持しています。
クリスタルの高い波動エネルギーに満たされ、
同調することにより、マイナス波動を退け、
高い周波数の世界を得ることができるのです。

光のような、暖かな、柔らかいバイブレーションであるクリスタルの波動。
それは、「自分にとって一番気持ちの良い感覚」でもあります。
この波動の周波数に、あなたの周波数を合わせることが重要となります。

ブレスレットも歩み寄って、あなたの波長に合わせようとしています。
身につけ始めたときに、身体の不調を感じることがあるかもしれませんが、
それは、持ち主であるあなたの波長に合わせようとしているからです。

最初はブレスもとまどっていますが、次第に同調していきますから、
大丈夫です。

この光のような柔らかい波動エネルギーによって、
複雑にからみ合った現代社会によって固定化されてしまった心が、
こりかたまった筋肉が揉みほぐされていくように癒され、
肉体に不足したエネルギーを補填し、バランスを整えていきます。


■気づき - Mental Support -

クリスタルの持つ高波動周波によって、
肉体のエネルギーバランスを補えるという利点もありますが、
なにより大きいのは精神的なサポートでしょう。

人が何かを求めるとき。

無意識的に、自我の奥底にいる魂が集合意識体のデータベースにアクセスして、
最も必要な情報を引き寄せようとします。
それを表層の自我は「気付き」として、今の自分に必要な情報であると、
認識するのです。

「気づき」とは、考えて得られるものではありません。
感じること、つまり、「感性」によってもたらされるものです。

パワーストーンは道具ではありません。

あなたに寄り添い、様々な事象の中で「気づき」を見せながら、
いっしょに学びの道を歩んでゆく、パートナーです。

石と相対して見つめ合うのではなく、となりに並んで、
同じ未来を見据えているという構図です。

そっと背中を後押しして、足りない勇気(精神力)に力(パワー)を、
そえてくれるのです。


■ヒーリングを超えて - Over the Healing -

ヒーリング(癒し)とは本来、肉体だけではなく目に見えない非物質的な、
精神・ 霊性も含めた人間の全体性と深く関係があります。

クリスタルとシンクロ(同調)して同じ未来をみつめるとき。

自分でどうしたらいいのか分からなくても、何がしたいのか見えなくても、
自分が何を考えている何者なのか分からなくても。
リラックスして「感性」を研ぎ澄ませれば、必要な「何か」は見えてきます。

自我、つまり頭で考える顕在意識を遠ざけて、
魂からのメッセージである、あなた自身の「直感」を信頼してみてください。

他人から教えてもらうことは、楽チンですよね。
でも、その時点で成長が止まってしまいます。

悩むときは悩んでもいいんです。
立ち止まって考え込んでも、ふと来た道を振り返ったりしてみても、
いいんです。

他人に頼らず、自分で考え、自分で行動し、
自分自身で解決していくこと。

自分で自分の人生を切り開いていく、創造していくということ、
これがヒーリングの先にある、あなた自身の、
そして次世代へと続く、道なのです。

それが、本来ひとが持っている能力なのですから。
--

■本日の写真は、【セレスタイト・クラスター】■

洗面器大のクラスターです。
d0064071_1342542.jpg

by first-line | 2005-11-27 01:40

レムリアの彼方より。

前回、【本日の写真】でご紹介したレムリアン・シード・クリスタルと、
対になるクリスタルを今回はご紹介しましょう。

Gallery Archangels のトップページで、すでにお馴染みですね。

ロシアン・レムリアン です。
全長、約21cmほど。

レムリアン・シード・クリスタルはブラジルから、
このロシアン・レムリアンはその名の通りロシアからと、
地理的にかなり離れた場所で、それぞれ発見されています。

でも、もともとは、レムリア大陸のとある場所のごく近くに、
この二つのクリスタルは同時期に存在していました。
同じ建物(敷地)内の、それぞれの役割による担当区域にいたのですが、
三次元空間でのレムリア大陸崩壊後、別々の道を歩んでゆくことになります。

この二つのクリスタルをはじめとする、
レムリアの時代に私の近辺に居た石たちと再会したのは、
今世がはじめてです。
今までの何度かの転生においては、めぐり合うことはありませんでした。

それだけ今の時代が重要視されている、ということですね。

前回のレムリアン・シード・クリスタルは、【姫君】です。
調和と守護を司っています。

底の方から無限に湧き上がってくる、気泡のようなものを常に感じます。
絶えることなく湧き上がる、宝玉のような泡が、
常に天空に向かって広がっています。

こちらのロシアン・レムリアンは、【殿】。
品位と力を象徴しています。

集まってくる「氣」の中から最も良質のものをセレクトして、
私の元へと届けてくれています。

ロシアンレムリアンの産出される、ブルーエンジェルと呼ばれる
ウラル山脈の晶洞は、大規模な地殻変動によって、
同一方向へ4回転しているそうです。

この【殿】も、超えてきた年代全てを、年輪の中に刻み込んでいます。
ゆっくり時を越えたものにしか現れない風格は、完璧です。

ブラジル産にしろロシア産にしろ、基本的にレムリアンは、
癒されるタイプの、いわゆるヒーリングストーンではありません。
持ち主となる者の魂に直接、多くの記憶や情報を語りかけてくるのです。

気が遠くなるほどの時を超え、地殻変動など、ものともせず、
当初の予定通り、再び、私の元へと集ってくれた石たちです。

■というわけで、本日の写真は【ロシアン・レムリアン・クリスタル(Sacred Scribes)】■
d0064071_14512734.jpg

by first-line | 2005-11-25 14:56

夢の終わり。

地球の波動はこの11月に、また上昇をはじめました。
来年2006年1月まで上昇し続け、その後、
その水準をキープしていくとのことです。

より多くのエネルギーが地球に降り注いで来ている近年、
各地で、多くのライトワーカーが活動を始めています。

多くの分野にまたがった彼ら、彼女たちは、
実生活では様々な困難に見舞われながらも、
忘れ去り、封印されてしまっていた「本当の自分」を、
改めて見つけ出そうと懸命にあがいています。

実際、私の周りにいる友人たちもそうなんです。

「なんでこんなに苦労が続くんだろう」 って。

ぼやきながらも、でも、前を見据えて、少しずつ、少しずつ、
自分の足で前に踏み出しています。
ときには後ろ向きに後退したり、足踏みしたりしていますが、
視線だけは、前をキッと見据えています。

自分自身や自分の人生を見つめなおす【きっかけ】は、
大抵、【不幸】という形でやってきます。
それが転機となり、人生の軌道が修正されていくのです。
私自身もそうでした。

そこから目を逸らさず、逃げ出さずに、
這いつくばってでも前に進んでいくと、
次第に本当の道が見えてくるようになります。

カチリ、カチリと歯車がかみ合い、ある日、スイッチが入るのです。

そんな人が増えてきていると、ネットをはじめ、
多くの場所で報告がなされているんです。

長い長い「夢」から覚めて、本来の輝かしい自分を取り戻す時期に、
来ているんですね。

■本日の写真は、【レムリアン・シード・クリスタル】■

約4kg あります。
d0064071_20195056.jpg

by first-line | 2005-11-22 20:24

【ティファレト】 【トリニティ】 リニュアルアップ。

雲が少し出ていますが、関東地方は気持ちの良いお天気ですね。

もうすぐ満月。
このところ雲に隠れがちでしたが、今月はお姿を現してくださるでしょうか、
お月さま。

16日が満月ですが、石の月光浴にはその2日前の13夜からが最適です。

晴天になると、その分放射冷却で冷え込みますから、
風邪など引かぬよう、ご注意くださいね。

セイクレッド・ブレスレット 【ティファレト】と【トリニティ】のリニュアルが済み、
アップしました。
フリーサイズとなり、新価格で登場しています。

【フォーチュン】も、まもなくアップいたします。

■本日の写真は、【ルチル・クォーツ】■

d0064071_12565396.jpg

by first-line | 2005-11-12 12:58


ギャラリー アーク 別館
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30